HOME > スターリングエンジン

スターリングエンジン

化石燃料を使用しない低炭素社会のエネルギー

スターリングエンジン

スターリングエンジンは外部からの熱で内部ヘリウムの加熱・冷却を繰り返し、ピストンを駆動させます。 内燃エンジン(ガソリン・ディーゼル)とは違い、ピストン駆動に爆発を伴わないため騒音は低く排気ガスも出しません。
捨てられていた排熱から発電、冷却にはオゾン素を破壊するフロンガス冷媒は使わないため環境を守りながら様々な用途に使用できるエンジンです。

スターリングエンジンの活用範囲

スターリングエンジンの活用 スターリングエンジンの活用

スターリングエンジンの優れた冷却機器能力

スターリングエンジンの優れた冷却機器能力

スターリングエンジンに電気を流すと5℃〜ー196℃まで自由に設定した温度で安定的な冷却ができます。
冷却にはオゾン層を破壊するフロンガス冷媒は使用せず、地球温暖化ガスの削減に貢献でき、環境に優しい冷却機器です。

スターリングエンジンの優れた冷却機器能力

スターリングエンジンとコンプレッサーの比較

 

スターリングエンジン

コンプレッサー

潤滑オイルオイルフリー(360度作動)必要(傾斜により停止)
冷媒ノンフロン(作動ガスは安全なヘリウムを使用)必要
連続運転連続運転可能非連続運転
サージ電流発生しない発生する
移動・振動対応移動・振動に強い(傾斜時でも停止しない)大型になると移動不可(傾斜時に停止)
ページトップ ページエンド